HOME>オススメ情報>正規店の良さと非正規店の良さを理解してから依頼すること

売却を検討するなら正規店へ

腕時計着けた人

ロレックスのオーバーホールを依頼する場合、将来売るつもりでいるなら確実に正規店で依頼したほうが高値で売れる確率が高くなります。正規店ではロレックスの正規部品を使って補修を行うため、時計を売りに出したときに高値で売ることができる確率が高いです。対して非正規店でオーバーホールを依頼すると、正規部品を使用せずに補修する可能性が高いため、安く買いたたかれてしまいます。そもそも安値でオーバーホールする業者の場合、正規の部品を仕入れていない可能性もあるため、慎重に判断することが必要です。正規店の場合サービス内容が適切であることや、接客態度もロレックス正規店だからこそできる対応となっているため、依頼して損はありません。

正規店の場合は時間はかかるが正確

腕時計

ロレックスのオーバーホールを正規店で行ったときの特徴となるのは、専門の技術者が作業を行うため、技術力は申し分ありません。また、部品交換も正規部品を使うことがわかっているため、安心して交換を依頼することができるのも大きな特徴の一つです。ただし、オーバーホールを依頼する場合、ロレックスの品番により部品がない可能性もあるため、正規部品を取り寄せなければならない場合もあります。取り寄せるのに1ヶ月以上必要となることもあることから、気長に待つことのできる人向けといわれているのもポイントです。

非正規店で依頼する場合の特徴

ディスプレイ

生涯ロレックスを持ち続ける場合には、非正規店でオーバーホールを依頼する人も多いですが、正規店よりも非常に低コストなのが特徴です。ただし熟練している技術者か、新人かは店舗により異なるため、事前に確認してから依頼することが安心できるポイントとなります。また、正規部品以外の部品を使って補修を行いますが、その分正規店よりもスピーディーにオーバーホールを完了させるのも特徴です。非正規店で依頼する場合は、多くのロレックスのオーバーホール作業を行ってきた実績あるところで依頼することが大切となります。

内部1テキストリンク1

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-1

内部1テキストリンク2

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-2

内部1テキストリンク3

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-3

内部1テキストリンク4

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-4

内部1テキストリンク5

内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキスト内部テキストテキストテキストPr_linkテキストリンク内部1-5

広告募集中